Apple TV+、月額9.99ドルで11月にサービス提供開始か

当初10億ドルだった予算が60億ドルまで膨れ上がっているが、それでもNetflixの150億ドルの予算には満たない

Apple TV Plus Top

Appleが今年3月に発表した、Apple独自の動画コンテンツを配信する動画の定額課金サービス「Apple TV+」は月額9.99ドルで提供されるとBloombergが報じている。無料トライアル期間も用意されているが、具体的な無料期間については分かっていない。

サービスの提供開始時期は11月を目指しているとのことで、各コンテンツの配信スケジュールを模索中と伝えられている。現時点では最初に3エピソード分、その後1エピソードずつ配信するスケジュールが検討されているようだ。

Appleのオリジナルコンテンツの制作費用は60億ドルか

サービス開始時は「The Morning Show」、「See」、「Amazing Stories」、「Truth Be Told」、「Home」が配信される見通し。


Financial Timesによると、Appleは当初10億ドルの予算でオリジナルコンテンツを制作する予定だったものの、現在は60億ドルにまで膨れ上がっていると伝えている。

特に「The Morning Show」には膨大な予算が割かれ、1エピソードの制作費用は1,500万ドルを超えたとされている。一部噂では出演しているJennifer Aniston氏とReese Witherspoon氏は1エピソードだけでそれぞれ115万ドル支払われたと言われている。

同じく「See」も予算は1エピソードにつき1,500万ドルの予算が設けられている。

Apple TV+」は日本でもサービス提供される予定。月額9.99ドルは「Apple Music」のサービス利用料と同じであることから、国内では月額980円で提供されるのかもしれない。

(Source: MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索