Spigen、正式発表前なのにiPhone 11シリーズ用のケースを販売開始

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」という製品名やAppleロゴの位置は決定か

Spigen new iphone 11 cases

日本時間9月11日に開催が予定されているスペシャルイベントでは新型iPhoneが正式に発表される見通しとなっているが、スマートフォンアクセサリーメーカーのSpigenが9月5日、正式発表前であるのにも関わらずiPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」に対応するケースの販売を開始している。

先日、EverythingApplePro氏が次期iPhone用のケース写真をInstagramのストーリーズに投稿していたが、日本国内でも入手できる模様。販売ページにはハッキリと「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」と明記され、正式製品名としてこれらが採用されることに自信があることが伺える。

Spigen iphone11pro case

販売されているケースの写真や説明文などから、「iPhone 11」は「iPhone XR」の後継モデル(6.1インチ型液晶ディスプレイ)、「iPhone 11 Pro」は「iPhone XS」の後継モデル(5.8インチ型有機ELディスプレイ)、「iPhone 11 Pro Max」は「iPhone XS Max」の後継モデル(6.5インチ有機ELディスプレイ)と見られる。

また、Appleロゴも従来モデルと異なり本体中央に移動していることが確認できる。カメラが大型化することによりデザインとしてバランスを取るためではないかと考えられる一方で、噂されている双方向ワイヤレス充電を分かりやすくするためではないかと個人的に予想している。

購入は下記からどうぞ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索