【レビュー】「ラギッド・クリスタル」ーー耐衝撃性能を備える「iPhone X」用クリアーケース

ラギッド・クリスタル

iPhone X」用にクリアケースを付けたい、という人は「リキッド・クリスタル」が良い。シンプルでフィット感も完璧で、「iPhone X」の外観を可能な限り世にアピールすることができる。

ただし、残念ながらこのケースは見た目のシンプルさを優先し、耐衝撃性能はない。ケースをしていない状態よりは多少補強されるものの、万が一「iPhone X」を落下させてしまった時は本体を守り切れないかもしれない。

そこで、「iPhone X」とともに初めて登場した新しいケースが「ラギッド・クリスタル」。米軍軍事規格を取得した、耐衝撃性能を備えたTPU製のクリアケースとなっているため、「リキッド・クリスタル」よりは保護力が高いと予想される。

1台サンプルとして提供して頂いたので、紹介する!

ケース四隅に衝撃を吸収するエアークッションを装備

「ラギッド・クリスタル」の最大の特徴は、見てすぐに分かる四隅の膨らみ
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 09

リキッド・クリスタル」と比較するとその違いは一目瞭然。ケース単体で見るとそれほど大きな差があるようには思えないかもしれないが、実際に装着してみると一回り大きくなったような印象を受ける。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 10

これは、落下時に衝撃を吸収してくれる「エアークッションテクノロジー」を搭載するために採用された形状。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 07

実際に握る部分は膨らんでいないため、「リキッド・クリスタル」と変わらず。むしろ、四隅が膨らんでいるため、持ち方によってはグリップ感が増し、握りやすくなる場合もある。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 08

カメラもしっかりとカバーし、接触を防ぐ仕様に。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 06

ケースの背面をよく見ると細かいドットパターンがあることに気付く。これは「グレア現象」と呼ばれる、本体背面とケースが触れることによって発生するにじみを防止するための加工
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 02

音量ボタンおよび再度ボタンはケースに覆われ、クリック感は健在。マナーモードスイッチは爪先で操作する必要があるが、他のSpigen製ケース同様、それほど難しくはない。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 03

Lightningポート周りは広く開けられている。そして、やはりクリアケースの底面はダサい。どうしようもないが、ダサい。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 04

ディスプレイ側には縁があり、下向きに置いても画面を保護することができる。この手のケースをつけていれば、無理して保護ガラスを付けなくてもある程度守ることができる点がメリット。
Spigen Rugged Crystal Case for iPhoneX 05

「ラギッド・クリスタル」を初めて装着してみたところ、四隅のエアークッションがあまりにも存在感があるため、すぐに使わなくなると思っていたが、使っているうちに「逆に何も特徴のないクリアケースよりも個性があるのでは?!」と思うようになり、なんだかんだで気に入って使っている。

iPhone 8 Plus」を直前まで使っていた身からすると「iPhone X」の筐体は比較的スリム。必要以上に大きくしたくないケースが良い、という点においては耐久性を備えているため多少の妥協が必要だが、グリップ感が増している点でその欠点をカバーしているように思える。

「クリアケースが好きだけど、良くiPhoneを落とす」という人は「リキッド・クリスタル」よりも「ラギッド・ クリスタル」を選んだ方が良いかもしれない。

購入は下記からどうぞ!

FOLLOW / 最新情報を購読