【レビュー】「elago INNER CORE」ーー「iPhone XS Max」用の0.5mm極薄ケース

Elago INNER CORE iphonexsmax case 02

iPhone XS Max」は重さ208gとiPhone史上、最重量級。とにかく重い、重い、重い!重すぎる!

本来であれば様々なiPhoneケースを試したいところではあるが、「iPhone XS」と比べると横幅もあり持ちにくいため、厚さ、重さがあるケースはすべて却下「iPhone XS/XS Max」のレビュー記事で複数台のiPhoneを重ねて持ち歩いていたらディスプレイがいとも簡単に傷だらけになってしまったので、ケースを装着しないという選択肢は無し。

そこで購入したのが「elago INNER CORE」。薄さ0.5mm、重さ約6gの「iPhone XS Max」用ケースとなっていて、まさに僕のニーズにぴったり!

早速紹介する!

本体のサイズ感そのまま利用できる超薄型のケース

elago INNER CORE」はとにかく薄い。ケース単体の写真を見てもらえれば分かるが、このケースには耐衝撃性などは求めていない。とにかく本体をカバーしておければOK、という人が装着するケースだ。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 08

本体サイズにジャストフィットするように設計されているため、少し装着するにはコツが必要。非常に薄いので、何度も付けたり外したりするにはあまり向かない。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 01

底面は「iPhone XS Max」専用設計としてアシンメトリーとなったスピーカーグリルのデザインがしっかり反映されている。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 03

カメラ周りは、レンズの高さをギリギリ超えるような設計になっている。よって、机の上に置くとiPhoneのカメラ突起によるガタガタは健在。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 04

ボタンはわずかに突起が残る程度の高さしかない。何せ、ケース本体の厚さが0.5mmしかないので、当然といえば当然だ。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 05

ケースが薄い分、マナーモードスイッチの操作は非常にしやすい。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 06

ディスプレイの高さとほぼ同じとなっていて、ディスプレイの上にある画面保護フィルムの方が高さがあることが分かる。よって、画面側を保護したいのであれば「iPhone XS Max」用に設計されたガラスフィルムの購入をおすすめする。
Elago INNER CORE iphonexsmax case 07

elago INNER CORE」は、落下などの衝撃から本体を守るのではなく、すり傷から本体を守りたいという僕のニーズにぴったりのiPhoneケース。僕のニーズを完全に満たし、不満はない。

強いて言えばより滑りづらい、グリップ感のある素材が使われていたらありがたかったが、これほど薄く、軽く作られている以上、文句は言えない。むしろ僕にとっては十分である。

欲しい人は下記からどうぞ!

6.010
elago INNER CORE