【レビュー】「iPhone XS Max」に薄さ0.2mmのwraplusスキンシールを貼ってみた

Wraplus white leather skin for iphonexsmax04

僕はwraplusのスキンシールが大好きだ。10.5インチ型「iPad Pro」にも10.5インチ型「iPad Pro」にも、記事にはしていないが13インチ型「MacBook Pro 2018」にももちろん貼り付けている。

今回、「iPhone XS Max」用のwraplusスキンシールを購入してみた。というのも、memumi製の「iPhone XS Max」用ケースや「elago INNER CORE」でも触れたように、とにかく本体を重くしたくないからだ。

カラーは「ホワイトレザー」を選択、高い質感で大満足

僕はMacにもiPadにも「ブラックカーボン」を愛用してきたが、iPhoneに関しては「ホワイトレザー」を選択。理由は、「ブラックカーボン」はグリップ感のある素材ではないため、貼り付けた時の格好良さ以上に落としてしまうリスクを考慮し、泣く泣く選択肢から除外。本当は「MacBook Pro」と合わせたかった……。

開封してみると、iPhone用のwraplusスキンシールは2枚同梱されていた。説明書、クリーニングクロスとウェとティッシュが含まれている。
Wraplus white leather skin for iphonexsmax01

まずはウェットティッシュで表面を拭き取り、クロスで仕上げをする。このあたりは何回もやっているので我ながらこなれている。
Wraplus white leather skin for iphonexsmax02

iPhoneにwraplusスキンシールを貼るのは今回が初めて。まずはカメラに貼り付ける。レンズの邪魔をしないよう、慎重に位置を合わせる。
Wraplus white leather skin for iphonexsmax03

続いてレンズの周りを優しく合わせながら背面全体を覆うシールを貼り付ける。レンズの左側が少し大変だったが、貼る面積が少ないせいか、思っていたよりも簡単だった。
Wraplus white leather skin for iphonexsmax05

貼り付けが完了した結果がこちら。背面を完全に覆うのではなく左右に少し余白を残して貼り付ける。そのため、左右の余白がズレていると非常に気になるので満足するまで調整するべし!
Wraplus white leather skin for iphonexsmax06

「ホワイトレザー」は見ての通りレザー風の質感となっていて、「ブラックカーボン」と比較して多少グリップ感があるような気がする。薄さもたった0.2mmであることから本体のサイズ感を邪魔するはずもなく、限りなく裸に近い状態でiPhoneを持つことができる。
Wraplus white leather skin for iphonexsmax07

見て分かる通り、wraplusのスキンシールは背面しか保護してくれず、カメラも肝心なレンズ部分を保護するようにデザインされているわけではないため、あくまでも見た目を変えるためのシールとして楽しむもの。

それでも僕はこのスキンシールが非常に気に入っていて、今のところ剥がしてケースに戻る予定はない。保護力としてはフレーム部分も守られないため極薄ケース以下ではあるが、この何も付けていない状態に限りなく近い状態が気に入っている。

wraplusのスキンシールにはフレームも覆ってくれる全面タイプというのもあるが、僕は背面さえ傷つかなければ満足なので背面タイプを選択。

今回は「iPhone XS Max」用を購入したが、「iPhone XS」用「iPhone XS」用とそれぞれあるので、気になる人は全31色の中から好みのデザインや質感があるかチェックしてみるべし!

iPhone XS Max」用の極薄ケースもチェック

万が一落とした時に守ってくれることよりも、すり傷から本体を守ることができれば十分、という人は下記の「iPhone XS Max」用ケースもあわせてどうぞ!

7.510
wraplus for iPhone XS Max