【レビュー】「ウルトラ・ハイブリッド2」ーージェットブラックのiPhoneに程良いレッドをプラス

Spigen Ultra Hybrid 2

その日の気分によって「iPhone 7 Plus」用ケースを変えている僕だが、個人的なこだわりとして「Apple Watch」のバンドとiPhoneケースを揃えることを意識している。

最近は「42mmケース用(PRODUCT)REDスポーツバンド」がお気に入り。赤がちょいど良い差し色になるのでついついヘビロテになってしまう。

赤いバンドと相性の良いiPhoneケースと言えば「iPhone 7 Plusシリコーンケース – (PRODUCT)RED」もあるが、ここ最近はSpigenの「ウルトラ・ハイブリッド2」が相棒になることが多い。

シンプルなのに米軍軍事規格を取得した頑丈ケース

ウルトラ・ハイブリッド2」はTPU素材のバンパーにポリカーボネート素材のクリアな背面パネルを組み合わせたハイブリッドケース。バンパーケースに見えて背面もしっかりと覆われているのだ。

Spigen Ultra Hybrid 2

特に高級感もなくシンプルでカジュアルなケースだが、このカジュアルな装いを高級感のあるジェットブラックモデルに取り付けると「スーツがキマるイケメンビジネスマンの休日」のようなバランス感覚になる……と思っている。

ちなみに当初は「iPhone 7 (PRODUCT) RED Special Edition」にマッチするケースとして発表されているが、ケースと本体に使用されている赤の色合いが異なり見た目がイマイチ。同じ「ウルトラ・ハイブリッド2」を付けるのであればブラックモデルをオススメする。

Spigen Ultra Hybrid 2

シンプルな見た目にも関わらず、「ウルトラ・ハイブリッド2」は米軍軍事規格を取得。ケースの各コーナー内側部分に
落下時の衝撃を効率よく吸収するための技術「エアクッションテクノロジー」が採用され、万が一の落下時に衝撃を最小限に抑えてくれる。

また、前面と背面のフチは高く設計されているため、液晶面およびカメラレンズ部分は守られている。

ジェットブラックモデルだとクリアな背面パネルに本体がひっつき、空気泡ができないか心配する人もいるかもしれないが、本体裏側の下部に小さい空気口を設置。張り付く現象が起きないように設計されている。

Spigen Ultra Hybrid 2

個人的に各ケースで気にしているボタンの押し心地は合格ライン。クリック感があり、押しやすい。

ウルトラ・ハイブリッド2」は僕の「iPhone 7 Plus」ジェットブラックモデルともマッチし、「42mmケース用(PRODUCT)REDスポーツバンド」とも相性抜群!

フチが高く設計されている関係で「極薄ケース」とは言い難いかもしれないが、米軍軍事規格を取得したケースであることを考えると十分な薄さで握り心地は良好。TPU素材およびポリカーボネート素材という組み合わせのお陰でグリップ感もある

欠点を挙げるとしたら、背面を覆うクリアケース部分は指紋が目立つということ。また、使い続けているうちにTPU素材部分が汚れて黒ずんでしまうので、神経質な人は定期的に拭くことをオススメする。

基本的にiPhoneはケースを付けずに使うのが最も美しいと個人的に思っているが、やはりケースがあると気分も変わるので楽しい。赤を差し色に使いたいという人は「ウルトラ・ハイブリッド2」を買ってみてはいかがだろうか。