これ、超欲しい!「inCharge」は折り曲げてキーホルダーに付けられる超小型充電ケーブル

InCharge 【img via Indiegogo

モバイルバッテリーは忘れずに持ち歩いていても、意外と忘れがちなのが充電ケーブル。カバンの中に入れたつもりが自宅の充電器に挿しっぱなし、ということはないだろうか。

僕はいつでもササッと充電できるようにするためにキーホルダー型MFi認証済みLightningケーブル「KERO Lightning Nomad Cable」を購入した。レビュー記事は以下からどうぞ。


物凄く気に入っていて毎日のように使っていたのだが、気付いたら落として無くしてしまったようだ。残念。

同じものを買うのは悔しかったので買わずにいたのだが、いつでもササッと極短Lightningケーブルを取り出せるのは物凄く便利。「やはり買うしかないか…」と思っていたところ、似たようなコンセプトで「KERO Lightning Nomad Cable」よりも落としづらそうな製品が資金調達をしていることを知った。

inCharge」は折り曲げてキーホルダーに付けられる超小型充電ケーブル。クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で目標額である20,000ドルを1,130%達成。残り14日で既に226,020ドルの資金を集めているのだ!

折り曲げてマグネットで固定!超小型で携帯性抜群!

最近、気付いたら長さのある充電ケーブルを使う機会がめっきり減ってしまった。実際、iPhoneの充電は「MacBook Pro」からか、モバイルバッテリーからのどちらか。ケーブルが短い方がかえって便利である事の方が多いのだ。

「inCharge」は折り畳んだ状態だと長さたったの40mm。伸ばした状態でも0.1mを下回る短さだ。ケーブルはフレキシブルな作りになっているので向きも自由に変えられる模様。
InCharge 【img via Indiegogo

カラーバリエーションは8種類。ポップで可愛いカラーが揃っていて思わず全色揃えたくなる!
InCharge 【img via Indiegogo

紹介動画も公開されているので、以下からどうぞご覧あれ!



用意されているのはLightning端子モデルとMicro USB端子モデルの2種類。たった9ドルでいずれかのモデルが1本手に入るので、気になる人は以下からどうぞ!


(via Gizmodo

あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法