割りと現実的?4インチディスプレイを搭載したiPhone 5のコンセプトイメージ

iphone 5

【img via iDownload Blog

スペックだけではなくハードウェアも大幅にグレードアップすることが期待されているiPhone 5。そのせいか、ここ最近想像と期待を込めてできたコンセプトイメージがかなり多い。

今回紹介するのも先日の噂にあったような次期iPhoneをベースにしたコンセプトイメージ。Appleが採用してもおかしくないようなデザインだ!


コンセプトイメージと言えば、ある程度噂やリーク情報を取り入れつつも、最終的にはクリエイターの想像力と希望的デザインであることが多い。当然ながら僕はそれが好きでこのように毎回取り上げているのだが、今回紹介しているものは比較的現実的なイメージである。

ディスプレイサイズは4インチになるものの、長年使い続けてきたドックコネクターの形状はそのまま。アイコンが小さくなり横5列になることはあまり現実的ではないが、基本的にiPhone 4/4Sのデザインを踏襲しているのも現実的だ。

iphone 5
【img via iDownload Blog

個人的にこのコンセプトで気に入っているのは画面上部にあるステータスバー領域を広くしたこと。ディスプレイの横幅は変わらず縦長になったことで、増えた領域に常時天気を表示したりするようだ。

ホーム画面を表示している時はこのように少し広めに領域を取り、アプリを起動した時は今まで通りの細いバーになれば時計の視認性が上がり便利になりそうだなあ!Apple、どうでしょうか!

(via iDownload Blog

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索