Face Timeがすごいワケ

Face Timeがすごいのは前のポストの僕の興奮具合で分かるだろう。でもやはり少し冷静になると、「FaceTime、使ってみたけれど」という人もいるようだ。そこで、僕なりに一体何がすごいのかを考えてみた。

操作がシンプル

iPhoneのみならずMac製品全般に言えることなのだが、操作がシンプルで非常に使いやすい。Face Timeを起動するには通常の通話から画面上に表示される「Face Time」をタップすれば開始。もちろん、インカメラ・アウトカメラの切り替えもワンタッチで出来る素晴らしさ。このシンプルな操作性が日本のテレビ電話には足りていないのかもしれない。

画面いっぱいに相手の顔が見れる

今のガラケーに搭載されているテレビ電話は使いにくいのは言うまでもないのだが、そもそも相手の顔があまり見れない。iPhoneでのFace Timeは画面いっぱい相手の顔を見ることが出来るので使っていて楽しい。

無線で接続(=料金がかからない)

GIZMODOの記事にもあるように無線だとどこでもできないじゃん、という声も多そうだが、そもそも高額な通話料を払ってまで使いたい機能なのだろうか。冒頭の記事にも「FaceTimeっていつ使うんだろう?」とあるが、それが分からないから高額な料金を支払って使うものでなくしたと考えている。

ただ、冷静に考えてみよう。Face Timeは、もし自分のiPhoneが対応していたら、少なくとも一度は使ってみたい機能なはず。無線環境のみでの利用にしたことによって、逆に無線さえあればiPhone4同士利用できるのだ。料金がかかる、というハードルをとっぱらったのは良かったのではないだろうか。

ま、とは言えども実際のところはAT&Tの回線が耐えきれないから3G回線での利用は見送った気がするんだけどね、実際のところは(笑)

あと、もう一つ。無線環境のみにすることによるメリットは、画質。やっぱり無線の方が画質は綺麗なはず。というのも、iPhoneのYoutubeとかで比較すれば一目瞭然だが、無線で見たほうが3G回線で見たときより圧倒的に綺麗。粗い画像で相手の顔見ても、ねぇ・・・。

そんなわけで、Face Time、まだ一回しか使っていないのだが、それはきっとまだ回りがiPhone4を買っていないから!みんな早くiPhone4を買ってFace Timeやろう!

もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい