「iPhone 6」の新しいコンセプトは中央部分が凹んだ湾曲ディスプレイを採用、3Dカメラ搭載

iPhone 6

iPhone 5s」を通り越して「iPhone 6」!

3Dカメラを搭載し、中央部分が凹んだ湾曲ディスプレイを採用した「iPhone 6」のコンセプトイメージが公開されていたので、紹介する!

なぜそこまで湾曲ディスプレイにこだわるのか…

湾曲ディスプレイを採用しているため、横から見るとXperia arcに似ているこのコンセプトイメージ。縦にカメラが2つ取り付けられていて3D写真が撮影可能であることを想定しているようだ。

湾曲ディスプレイを搭載したiPhoneのコンセプトイメージは以前から出ているが、個人的にはなぜこれほどiPhoneのディスプレイを湾曲させたがるのかが疑問。iWatchで腕に付けるため大きめのディスプレイを採用する上では湾曲することも検討するかもしれないが、iPhoneのディスプレイが湾曲したところでただ見辛いだけではないだろうか…。

(via ラシカル開発記

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneコンセプトイメージ」新着記事
トレンド検索