Target、「iPhone SE」の一部在庫を返却ーー新モデル投入の予兆か

「iPhone SE」を2週間以上使ってみた感想

アメリカディスカウント百貨店チェーンのTargetが各店舗における「iPhone SE」の一部在庫を返却するように指示を出していたMacRumorsが報じている。

返却されたのは「iPhone SE」の16GBモデルと64GBモデルとなっていて、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、スペースグレイのSIMフリーモデルが1台ずつ、Sprint回線固定モデルが2台の合計6台。すべてAppleに戻したとされている。

完全な新モデルではなく、128GBモデル投入という噂

他にも別のTarget店舗で働く従業員からの情報によると、その店舗は「iPhone 7」が発表される前から「iPhone SE」の在庫を提供されていない状態が続いていることを指摘。

先日、「iPhone SE」の128GBモデルが3月のスペシャルイベントで発表されると報じられていた。

これが事実だとした場合、確かに今の段階でも在庫の調整を行っている可能性はある。ただ、その一方でたった一部のモデルのみを返却するというのも不思議な話だ。

「iPhone SE」は2016年3月に発表。これまでは128GBモデル登場の噂しかないが、現在ある16GB/64GBモデルの代わりに32GB/128GBモデル展開になるという可能性もありそうだ。ハードウェアのアップデートも特に予定されていないので、そのぐらいはあっても良さそうだけどなあ。

あわせて読みたい