「iPhone 8」シリーズは全モデル9月発売、3色展開か

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、次期iPhone「iPhone 8」という名称に統一されると報じられたため、「iPhone 8」シリーズとしている)は全3モデル、例年通り9月に発表され、9月に発売すると伝えている。

全面ディスプレイを搭載したモデルも9月に発売されるということになるが、やはり深刻な在庫不足に見舞われると予想され、9月末までの出荷台数は200万〜400万台に留まると伝えられている。

在庫不足は長引く見通しとなっていて、年末のホリデーシーズン中はもちろん、2018年の初頭まで入手困難状態が続くのではないかと予想されている。

4.7インチ/5.5インチモデルも3色展開に留まる可能性

Kuo氏は先月、プレミアムかつ独特なイメージを担保するために、「iPhone 8 Pro」に用意されるカラーバリエーションは少なくなると予想していた。今回の情報によると、次期iPhoneは全3モデルがいずれも3色展開に限定され、用意されるカラーはブラック、シルバー、ゴールドになるという。

全3モデルと言うのは、iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」(これまで「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」と呼ばれていた、液晶ディスプレイ搭載モデル)も3色展開になるということ。現在のラインアップにあるジェットブラック、ローズゴールド、(PRODUCT)REDはいずれのモデルにも用意されない模様。

先日入手したモックアップのローズゴールドはあながち間違っていないかもしれない。

また、Kuo氏は以前伝えていた通り、全3モデルが急速充電対応のLightningポートを搭載と予想。

USB-C – Lightningケーブル」を使用した場合、急速充電に対応すると伝えている。ケーブルは別売り。ワイヤレス充電も全モデルが対応し、こちらも対応アクセサリーは別売りになるとのこと。

(via 9to5Mac