アプリが起動しない時に試してみるべき対処方法3つ

iphone-app-store2

iPhoneのサードパーティアプリ(購入時に既に入っているアプリではないアプリのこと)を起動しようとしてもすぐ落ちるという症状をここ2週間で3人も聞く。どう考えてもおかしいが、一応知っている限りの対処方法を明記しておく。

1. 起動しないサードパーティアプリを一つ削除→同じアプリを再度ダウンロード

つい先ほど友人から上記のような症状が出て助けてほしいと言われたところ、真っ先にこれを提案してみたらあっさりと直ったようである。彼女の症状は、すべてのサードパーティアプリが、一つのアプリの削除し再度購入した結果すべて直ったようである。

おそらくだが可能性として削除して再ダウンロードしたアプリが正常にダウンロードされなかったため内部のLibraryを傷つけてしまい、サードパーティアプリ全般を傷つけてしまったのではないか、と考えている。

2. iTunesに接続し、全てのサードパーティアプリを一端解除→再度元通りにSyncし直す

上記とほとんど同じだが、iTunesを利用して傷ついているであろうLibraryの再構築を目指す。

3. Restore(復元)する

最終手段かと思っている。復元とは、つまり工場出荷状態に一端戻すということで、普通のケータイでいうところのリセットである。復元することによりLibraryは確実に再構築されるため、Libraryは必ず修正されるはずである。

ここで注意しなければならないのは復元した後に「バックアップから復元」というのを選んでしまうと結局は過去に使っていた問題のあるLibraryも引っ張ってきてしまうので意味がない。必ず新規端末として再度構築し直そう。

また、アプリはまた買わないといけないのか、ということも聞くが、アプリはiTunes側に保存されていると言う点に加え、全ての購入されたアプリはアカウント紐付いているため再度ダウンロードする際には金がかからないようになっている。ただし、復元した状態からアプリ内にデータを保存するアプリをiTunesから引っ張り出してきた場合、もしかしたらデータを失うかもしれないので注意した方がいいだろう。

それでも直らない場合

上記を全て試したもののそれでも直らない場合は、Apple Storeの予約を取り一端iPhoneをみてもらうべきであろう。くれぐれもSoftbankショップでみてもらおうとしないこと。意外にiPhoneにっいて知らない店員の方が多いということとユーザー対応が非常に不快であるというのがもっぱらの噂なので、製品を作っているAppleにどうせなら行った方が確実であろう。

ちなみに余談だが、僕がiPhoneを買った池袋の店員さんは知識云々は知らないが、非常にいい人だったのであまりにもSoftbankの店員の評判が悪いことに驚いている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索