「iPhone 5S」が正式に発表!指紋認証センサー、64bitプロセッサー搭載!

iPhone 5s

ハイスペックモデル「iPhone 5s」が正式に発表された!

iPhone 5s」噂通りデュアルLEDフラッシュを搭載し、カラーバリエーションもシルバー・ゴールド・スレートという3色展開となった。そしてホームボタンは期待通り指紋認証センサーが搭載された!

iPhone 5s」のスペック・仕様

項目 iPhone 5s
CPU A7(64bit)
M7(モーションコプロセッサー)
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ディスプレイ 4インチ(1136 × 640)
326ppi
外向きカメラ 800万画素
f値2.2
Trune Toneフラッシュ
パノラマ
連写モード
内向きカメラ 120万画素
720p対応
動画撮影 1080p
120fps
手ぶれ補正
撮影中の写真撮影
顔検知
スローモーション撮影
電池持ち 通話:3Gで最大10時間
インターネット利用:3Gで最大8時間、LTE/Wi-Fiで最大10時間
連続待受時間:最大250時間
容量 16GB
32GB
64GB
サイズ 123.8 × 58.6 × 7.6mm
重さ 112g
FaceTime
Siri
Touch ID
コネクター Lightning

スマホ市場初の64bitチップ「A7」を搭載!

公式ページにもある通り「iPhone 5s」は最新の技術を駆使して作られた、ハイテクノロジーデバイス。真っ先に紹介されたのは、核となる「A7」チップ
A7チップ

64bitプロセッサーがスマートフォンに搭載されるのは「iPhone 5s」が世界初となる。
A7チップ

細かい技術的な話は分からないが、とにかく性能が大きく向上しているらしい。
A7チップ

どれぐらい性能が向上しているかというと、初代iPhoneに比べてグラフィック性能が実に56倍も高速に動作するとのこと。
A7チップ

iOS 7」も64bitに対応しているため、アプリ側が64bitに対応さえしてくれれば動作可能。Apple純正アプリは既に64bit対応しているそうだ。
A7チップ

モーションコプロセッサー「M7」を搭載!

「A7」に加え、新たに紹介されたのがモーションコプロセッサー「M7」
モーションコプロセッサー

このプロセッサーは加速度・ジャイロスコープ・コンパスなど動作に関する情報の処理を専門に行い、ユーザーの動きを細く正確に取得することが可能。ヘルスケアやフィットネス系アプリの活用が期待される。
モーションコプロセッサー

スペシャルイベントでは早速ナイキが「M7」を活用した「Nike+ move」を発表した。
モーションコプロセッサー

指紋認証センサー「Touch ID」が搭載!

ホームボタンを押すだけで指紋を認証!

そして何よりも多くの人が期待していた指紋認証センサーはやはり「iPhone 5s」に搭載されることになった。
Touch ID

ホームボタンの下に埋め込まれている「Touch ID」センサーだが、なんとホームボタンを押すだけで認識するという極めてハイレベルな仕様になっている。従来の指紋認証センサーを搭載した某社のスマートフォンのようにスライドして認知させる必要はないのだ!押すだけ!これはかなり衝撃的だ!
Touch ID

押すだけで認証してくれるホームボタンにはこのような形で作りこまれている。ホームボタンの表面にはサファイヤクリスタルが採用され、ホームボタンを保護。ホームボタンの周りにあるリングがトグルとなり、その下にあるセンサーが認識するようだ。
Touch ID

Touch ID

App StoreやiTunes Storeのパスワード入力も今後不要に!

Touch ID

指紋認証を活用できるのはロック画面の解除だけではない!なんとApp StoreやiTunes Storeのパスワード入力の代わりとして利用できるのだ!便利過ぎる!

Touch ID

カメラ性能が大幅に向上!

iPhone 5s

デュアルLEDフラッシュは噂通り搭載されたが、カメラの性能は今回今までよりもさらに向上。レンズがf値2.2になり、センサーサイズが15%向上。

iPhone 5s

ホワイトバランスや露出度を調整できる他、15点のマルチオートフォーカスや色調や「ダイナミックローカルトーンマップ(Dynamic Local Tone Map)」の作成にも対応!

デュアルLEDフラッシュは明るさのためだけではなく、適切なカラーバランスを調整するために採用。特に人を撮影した時に力を発揮するようだ!
iPhone 5sのカメラ性能

自動の手ブレ補正に加え、1秒間に10枚撮影できる連写機能も対応。
iPhone 5sのカメラ性能

120fpsのスローモーション動画撮影に対応!

Slo-mo

噂されていたスローモーション動画の撮影も対応!720pのHD動画を撮ることができる。1080p/60fpsの動画撮影ももちろん可能だ。

電池持ちも僅かながら改善!

これだけ新しい機能を搭載したことによって電池持ちが悪化しているのではないかという懸念点はあるが、驚くことに電池持ちはiPhone 5よりもさらに向上し、連続待受時間が225時間から250時間に伸びている。性能は向上しても電池持ちは犠牲になっていなかった!
iPhone 5s

iPhone 5は廃止、128GBモデルは登場せず

iPhone 5s/5c

iPhone 5c」と「iPhone 5s」が発表されたところで、今後のiPhoneラインアップが発表。現行の最新モデルであったiPhone 5は姿を消し、今回発表された2モデルに加え、iPhone 4sが引き続き無料モデルとして販売されるようだ。

NTTドコモの正式参入も決定したため、今後は国内3キャリアがすべて「iPhone 5s」「iPhone 5c」を取り扱うことになる。国内スマートフォン市場は戦国時代に突入だ!

(via The Verge