「iPhone 6s Plus」、動画撮影時でも光学式手ぶれ補正が使用可能に

IPhone 6s video

iPhoneのカメラに妥協をしたくないという人は「iPhone 6s Plus」一択かもしれない。特に4K動画が撮影できることを思う存分に活かしたいという人は尚更。

Appleの公式ページによると、iPhone 6s Plus」は動画撮影時でも「光学式手ぶれ補正」が使用可能であることが判明した!

写真・動画のクオリティを求めるのであれば「iPhone 6s Plus」

iPhone 6 Plus」も光学手ブレ補正には対応していたものの、静止画でしか使用することができなかった。「iPhone 6s Plus」からは静止画だけではなく、ビデオ撮影でも光学手ブレ補正を使うことができるようになった。なお、「iPhone 6s」は静止画・動画問わず光学手ブレ補正に対応していない。

iPhone 6s Plusでは、写真だけでなくビデオ撮影でも光学式手ぶれ補正を使えるので、十分な明るさがない場所でも、スムーズで美しいビデオを撮影できます。

via iPhone 6s – カメラ – Apple(日本)

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の違いはディスプレイサイズゆえの本体サイズの差だけかと思いきや、実は光学手ブレ補正の有無という大きな違いがある。カメラに妥協したくないという思いもあり「iPhone 6 Plus」を選択した僕だが、この1年間を通じて光学手ブレ補正の恩恵を受けたと感じたことは全くと言っていいほどない

過去記事を漁ってみたところ、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の暗所における写真サンプル比較を紹介していたようだ。下記がその中で紹介している写真のうちの1枚だが、僕の目では正直差があまり分からない。よくよく見るとノイズが載っているかもしれないが、印刷しない限り分からないだろうというのは僕の考えが甘いだけ?

Photos comparison in low light

ただ、実は僕は光学手ブレ補正の恩恵を受けていながらも気付いていないだけなのかもしれない。AppBankが検証した記事によるとiPhone 6 Plus」の光学手ブレ補正による補正効果は絶大だと結論付けている。その差は見れば一目瞭然。そんなに違うのか……?

静止画はさておき、今回は動画撮影時に光学手ブレ補正が対応したため、特にiPhoneで頻繁にビデオ撮影をする人は恩恵を受けられるかもしれない。照明の暗い場所や室内では特に力を発揮してくれるはず。

「iPhone 6s」にするか、「iPhone 6s Plus」にするか予約受付は9月12日(土)16時01分から。それまで検討するべし!