学生みんなが特待生。

「iPhone 7」のGeekbenchスコア、「MacBook Air」を上回ることが判明

A10 Fusion Processor

iPhone 7」「iPhone 7 Plus」に搭載されている「A10 Fusion」チップは前代と比較して飛躍的に性能が向上している。

CPU性能のベンチマークツール「Geekbench」の測定結果によると、iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のシングルコアスコアおよびマルチコアスコア最新のAndroidスマートフォンを圧倒しているどころか、これまでに発売された「MacBook Air」さえも上回る性能であることが明らかになった!

MacBook Pro」の2013年モデルと肩を並べる性能

iPhoneのプロセッサー性能はついにMacを上回るレベルまで来たらしい。その事実だけでも驚きだ。

まずは「iPhone 7/7 Plus」のGeekbenchスコアを最新のAndroidスマートフォンと比較してみましょう。マルチコアスコアはSamsungのGalaxyシリーズを僅かに上回る程度ではあるが、シングルコアスコアは倍近くあり、圧倒的だ。

デバイス名 シングルコアスコア マルチコアスコア
iPhone 7/7 Plus 3,450 5,630
Samsung Galaxy S7 1,806 5,213
Samsung Galaxy Note 7 1,786 5,228
Samsung Galaxy S7 Edge 1,744 5,203
Huawei P9 1,729 4,735
OnePlus 3 1,698 4,015

続いて「MacBook Air」とのスコアを比較してみましょう。シングルコアスコア「3450」、マルチコアスコア「5630」という測定結果は大多数の「MacBook Air」のシングルコア・マルチコアともに上回る結果となっている。唯一、「Intel Core i7」を搭載した「MacBook Air (13-inch Early 2015)」はマルチコアスコアで下回っているが、ほぼ同格と言っても過言ではないだろう。

MacBook Air GeekBench Score

「iPhone 7/7 Plus」の「A10 Fusion」が持つ性能はなんと13インチ型「MacBook Pro」の2013年モデルが持つ性能と同程度であることが判明。最新のiPhoneのプロセッサー性能は3年前の「MacBook Pro」と肩を並べるまで進化したということだ。恐ろしい……!

MacBook Pro 2013 13inch Benchmark Test

「A10 Fusion」チップがこれほど進化していると次期「iPad Pro」に搭載されるプロセッサーに期待が高まるだけではなく、将来的にMacもIntelから脱却しApple独自のプロセッサーを搭載したりして?


(via Daring Fireball