「A10 Fusion」チップの詳細が判明!クロック数は2.33GHz、「iPhone 7 Plus」のRAMは3GB

A10 Fusion Processor
やはり今年は5.5インチモデルと4.7インチモデルに明確な仕様の差があるそうだ。

大手メディアの情報解禁に伴い、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」に搭載されている「A10 Fusion」チップに関する詳細仕様を公開している!また、ベンチマークテストを実施した測定結果も公開しているので併せて紹介する!

「iPhone 7」の仕様、ベンチマークテスト結果

iPhone7-JetBlk-34BR_AirPods-Laydown-OB-PRINT.jpg
「iPhone 7」に搭載されている「A10 Fusion」チップの動作クロック数は2.33GHz。「iPhone 6s」の1.8GHzからは大幅な性能向上だ。RAMは2GBとなっていて、旧モデルから変わらず。OSは「iOS 10」ではなく、「iOS 10.0.1」と表示されている。

iPhone 6s」と比較した場合、CPU性能はシングルコアスコアで約35%、マルチコアは約22%向上していることが判明。GPU性能は変わらず、Javascriptの処理性能は約15%向上しているとのこと。

詳細は下記からどうぞ!


iPhone 7 Plus」の仕様、ベンチマークテスト結果

iphone7-dual-lens-camera.jpg
一方、「iPhone 7 Plus」に搭載されている「A10 Fusion」チップの動作クロック数は同じく2.33GHzであるものの、RAMは3GBになっていることが判明。

iPhone 6s Plus」と比較した場合、CPU性能はシングルコアスコアで約33%、マルチコアは約23%向上している模様。GPU性能も約12%、Javascriptの処理性能は約20%向上しているとのこと。

詳細は下記からどうぞ!


あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!