「Anker PowerCore Fusion 10000」、日本で販売中止が決定

Anker Press Conference 2018 New Products 24

アンカー・ジャパンは4月26日、プレスイベント「Anker Power Conference – ‘18 Autumn」にて発表した「Anker PowerCore Fusion 10000」について、日本での展開をしない方針が決定したことを明らかにした。

同製品は当初、2019年1~3月期を目指して販売開始予定だった。

「PowerCore Fusion 5000」の上位モデル、販売できず

同製品は「PowerCore Fusion 5000」の上位モデルとして位置づけられ、電池容量は2倍に、USB-AポートとUSB-Cポートを1つずつ搭載。

販売中止になった理由については明らかになっていない。

とても残念ではあるが、決定事項についていくら文句を行っても仕方がない。電池容量以外は同じ仕様の製品として「Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger」が登場しているので、購入を検討してみるべし!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索