ソフトバンクオンラインショップ

【レビュー】Anker PowerCore Fusion III 5000:1台2役の人気モデルが進化

モバイルバッテリー兼USB急速充電器の大人気製品「PowerCore Fusion 5000」がアップグレード

Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review

コンセントに挿せばUSB急速充電器、持ち運べばモバイルバッテリー。1台2役をこなす「Anker PowerCore Fusion 5000」は、愛用者の多い人気商品。2017年の登場から3年以上の歳月を経て、後継モデルが誕生した。

Anker PowerCore Fusion III 5000」は1台で2役のハイブリッド設計を引き継ぎ、最大18W出力のUSB-Cポートを搭載。バッテリー容量は4,850mAhUSB-C to Lightningケーブルの使用で可能になる、iPhoneの急速充電をサポートした。

先行してサンプルを提供してもらったので、PowerCore Fusion III 5000のデザインや機能性を、旧モデルと比較しながらチェックする。

重さやサイズは旧モデルとほぼ同じ、USB-Cポート搭載で使い勝手が向上

PowerCore Fusion III 5000は、USB-Aポートポートが1つ、Anker独自技術「PowerIQ 3.0(Gen2)」をサポートするUSB-Cポートが1つ搭載されている。USB PDの定めるパワールールに準拠し、5V時の電流を2.4Aから3Aに変更することでUSB PDとの互換性が向上しているという。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 07
左が旧モデル、右が新モデル

PowerCore Fusion III 5000のサイズは、サイズは約78 × 71.5 × 30mm。旧モデルと比べてほとんど変わっていない。
Anker PowerCore Fusion 3 5000を旧モデルと比較
左が新モデル、右が旧モデル

Anker PowerCore Fusion 3 5000、旧モデルとのサイズ差はわずか
重ねても違いはわずか

電池容量は旧でモデルと比べて150mAh少ないためか、PowerCore Fusion III 5000のほうが 8.6g軽かった。
Anker PowerCore Fusion 5000の重さ
Anker PowerCore Fusion 3 5000 の重さ

折畳式プラグが内蔵され、コンセントに挿すと本体が充電される。接続されているデバイスがあれば優先的に充電する仕組みだ。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 09

1台のみ、2台同時に接続した場合の出力を確認

PowerCore Fusion III 5000の出力を確認した。USB-C急速充電器として使用した場合、電池残量が約30%のiPhone 11 Proへの出力は約16Wだった。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 13

iPhone 11 Proを充電している状態で、iPhone XRをUSB-Aポートに接続した際の出力は約5Wだった。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 14

USB-AポートとUSB-Cポートを同時使用した場合、最大出力は15W。USB-Cポートの出力は約10Wに抑えられていた。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 15

PowerCore Fusion III 5000をコンセントから外し、モバイルバッテリーに切り替えたが、両ポートとも出力は変わらなかった。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 16
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 17

USB-Aポートの使用を止めUSB-Cポート単体に戻したところ、自動的に出力が約14Wまで回復した。
Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 19

旧モデルの魅力を引き継いだ、正統派アップグレードモデル

Anker PowerCore Fusion 3 5000 Review 20

Anker PowerCore Fusion III 5000は、旧モデルの魅力をそのまま引き継ぎ、USB-CポートやPowerIQ 3.0(Gen2)のサポートでより洗練された、正統派アップグレードモデル。USB急速充電器の購入を考えている人、荷物を減らしたい人、モバイルバッテリーの充電をついつい忘れがちな人は、購入を検討してみてはどうだろうか。

Anker PowerCore Fusion III 5000
8.5/10
特集
関連情報
更新日2020年06月30日
コメント(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    旧型使ってますので魅力的に感じますが、今ので困っていないので個人的には今回はパスですかね。

    普段モバイルバッテリーを必要とするほどスマホを酷使してないので、バッテリーはケーブルと共にカバンの片隅のポケットに半ば封印しています。
    ただ、たまに充電を忘れて寝てしまうことがあるので、会社に向かう途中ではモバイルバッテリーとしてiPhoneとAppleWatchを充電して(忘れるときは大抵両方とも充電忘れる)、あんまりないですが到着までに充分に充電されていなかったら、モバイルバッテリーの充電も兼ねてコンセントに挿してACアダプタモードで充電します。

    特に困ることはありませんでしたが、旧式ではバッテリーとして使用中は2.4A出力なのにコンセントに刺すと2.1Aになる謎仕様がありました。新型はそういった変化もなくなったようなので、出力のことを気にせず安心して使えそうですね。ただ、両方のポートに接続すると充電速度が変化してしまうのは注意点かもしれません。

    新型は比較写真ではそこそこ肥大化しているように見えたので、膨張色だからかなと思って旧式のサイズを調べたら約72×70×31mmと記載されていました。1mm薄くなったものの、長辺が1割弱増えてそれぞれの角や稜線のRの取り方も違っていますので、結果的にカバンを専有する体積では一回り大きくなったような印象を持ちました。

    とはいえ、コンセントに直接差せるタイプだとACアダプタのようにも使用できるし、USBケーブルで充電するタイプと比べてモバイルバッテリー自身の充電管理もだいぶ楽になるので誰にでもオススメできると思います。

  2. iMac愛用者

    前々から欲しいな~と思っていたところに、新型登場!しかも、キャッシュレス還元で5%引きが今日までということもあって、即ポチしました! 届くのが楽しみ~。

    1. g.O.R.i

      いいですねー!!そう言えばキャッシュレス還元は今日までかぁ〜

  3. Apple大好きマン

    普段、モバイルバッテリーを使用しないのでいざ必要なときに充電されてないことがあるので
    すぐコンセントでバッテリーを充電しながらスマホも充電できるのは素晴らしいです!!
    即購入しました(笑)

    1. g.O.R.i

      そうなんですよ!そういう意味では超便利!

「Mac用USB-Cアクセサリ」新着記事
トレンド検索