「iOS 11.3」アップデート後、一部「iPhone 7/7 Plus」のマイクが故障する不具合が判明か

IPhone 7 Plus 7 Comparison 01

一部の「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」は「iOS 11.3」にアップデート後、マイクが故障する不具合が起きることが判明した。ソフトウェアのアップデート後、ハードウェアが壊れることがあるそうだ。

通話時または着信時におけるスピーカーアイコンのグレーアウト、ボイスメモの音声が聞こえない、撮影した動画の音声が聞こえないなどの症状が確認されている。

不具合ではなく、修理または交換が必要な故障の可能性

Appleはこの状況を既に把握済み。9to5Macが入手した正規サービスプロバイダ宛てに共有された内部資料によると、対象となったデバイスを無償で修理または交換対応を受けられる可能性がある。

保証期間が終了している場合でも、無償で修理または交換対応を受けられる場合もあるが、条件次第とされているため、万が一これらの症状が確認できる場合は最寄りのApple Storeまたは正規サービスプロバイダにて確認した方が良いかもしれない。

暫定的なトラブルシューティング方法として、Bluetoothなどその他オーディオアクセサリをiPhoneと切断することを案内している。

あわせて読みたい