Apple、「iPhone 7が圏外になる不具合」修理プログラムの適用期間を延長

「本プログラムは、iPhone 7本体の最初の小売販売日から4年間、対象となるiPhone 7に対して適用されます」

Appleは3月20日、「圏外」の問題に対するiPhone 7修理プログラムについて、適用期間を延長した。一部のiPhone 7において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに「圏外」と表示される問題が確認されていた。iPhone 7が最初に小売販売された日から4年間以内であれば、対象端末は無償で修理できる。

圏外の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」は2018年2月に発表された。当初はiPhone 7最初の小売販売日から2年間有効だったが、その後延長された。

モデルナンバーの確認方法と手続きの仕方

この問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までに製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売されたiPhone 7。iPhone 7 Plusおよびその他端末は対象外。

修理プログラムの対象となっているiPhone 7のモデルナンバーを確認する方法は、以下の通り。

モデル番号 国/地域 Iphone7 back 2x
A1660、A1780 中国
A1660 香港
マカオ
米国 (プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む)
A1779 日本

iPhone 7の交換プログラムは以下の方法で手続きが可能。ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのようなキャリアショップではサポートを受けることができない。

関連情報
カテゴリiPhone 7
更新日2020年03月29日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 7」新着記事
トレンド検索