360度撮影ができるiPhone用外付けレンズ「Fusion Lens」、登場

Fusion Lens for iPhone 1

iPhoneに装着するだけで360度撮影できるカメラアクセサリーはすでに色々と登場しているが、ネックはその価格。確かに全天球写真は格好良い上に、閲覧者が写真をグリグリしながら全体を見渡すことができて楽しいが、毎日何百枚も同様の写真を撮るわけではないので、数万円も払うのは気乗りしない。

Makuake360度撮影ができるiPhone用外付けレンズ「Fusion Lens(フュージョンレンズ)」が登場している。販売予定価格は9,980円となっているが、今なら25%オフとなる8,030円で購入できる!


iPhone 8/7」用と「iPhone 8 Plus/7 Plus」用モデル

「Fusion Lens」は、重さ40g、バッテリー不要の装着型カメラ・レンズ。Bluetooth接続も使用せず、外向きカメラと内向きカメラを利用し、専用アプリを使用することによって簡単に360度写真を撮影することができる。

iPhoneのカメラ画質をそのまま活かすため、最大4K(外向きカメラ)+2K(内向きカメラ)の画質での撮影が可能、ということになる。

Fusion Lens for iPhone 2

撮影できる写真はさまざま。360度写真だけではなく、パノラマ写真や「小さな地球の上に乗っている風の写真」、VR用の写真などを撮影することができる。

Fusion Lens for iPhone 3

注意点としては、iPhoneに直接装着する、いわばクリップのような形で装着するため、ケースを装着している場合は外して使う必要がある。液晶保護フィルムや強化ガラスなどについては、装着したまま利用できる。

現在資金調達しているのは「iPhone 8/7」用と「iPhone 8 Plus/7 Plus」用モデル。「iPhone X」用のモデルはまだ用意されていないが、鋭意制作中であるとのこと。

「Fusion Lens」の出資は2018年8月30日まで受け付けているので、欲しい人はチェックしてみるべし!

あわせて読みたい