スマホのカメラをかざしてググるAI/ARカメラ「Google Lens」登場

Google Lens Announced

Google I/O 2017」にて、Googleは「Google Lens(グーグルレンズ)」を発表した。

「Google Lens」とは、スマホのカメラをかざすことによってAIとAR技術によって画面上に必要な情報が表示される機能。店の外観をカメラでかざせばそのお店の営業時間やクチコミ情報が表示され、花にかざせば花の名前を教えてくれる。

「Googleフォト」とも連携するようで、過去に撮影した写真を表示した状態で「Lens」ボタンを押すと被写体を認識し、その情報を教えてくれる。例えば旅先で撮影した有名なビルの写真を表示した場合、そのビルの情報を表示してくれるのだ。

これは、Googleの見据える検索の未来なのかもしれない。検索すべてを置き換えるまではいかないにしても、目にした疑問を解消する手段として「スマホのカメラをかざして答えを得る」という方法は数年後に常識になっていたりして?

「Google Lens」の配信時期は今後数ヶ月以内とされている。この仕組みを実現するに深く関わっているとされる会話型AIアシスタント「Googleアシスタント」は今夏日本語に対応予定であると明らかになっていることから、旅行シーズンには間に合うと期待したいところ。

今年の海外旅行はシャッターを切らずにカメラをかざしながら歩く観光客が増えるかもしれない。

あわせて読みたい