Google Lens、現実世界のテキストをコピペできる新機能に対応

Googleは「Google I/O 2018」にて「Google Lens」の新機能を3つ発表

そのうち、「Smart Text Selection」と呼んでいる、現実世界のテキスト情報をカメラで読み取り、それをコピペできる機能が衝撃的だった。

最近は純正のカメラアプリでもドキュメントを認識する機能が用意され、「Eight」などのアプリは名刺に書いてある情報を登録することができる技術を取り入れているが、カメラをかざすだけでコピペできるのは非常に革新的だ。

他にもAI技術を活用し、現実世界のテキスト情報をもとにオンラインで必要とする情報を調べることが可能。壇上では、写真がないレストランのメニューにかざし、メニューの別画像をオンラインから表示していたデモを披露。これは活用する機会がありそうだ。

他にもWi-Fiパスワードやギフトコードなど、都度入力しなければならない情報をカメラ越しにコピペ可能なテキスト情報として読み取れるのは非常に便利。

他にもリアルタイムに画像を認識し、カメラが認識したものの情報やそれと似たものを提案する「Style Match」と呼ばれる機能も披露。カメラアプリないで購入に至ることが可能。

「Google Lens」の新機能は今夏から提供開始されるとのこと。