Google、医療用として「Smart Contact Lens(スマート・コンタクトレンズ)」の開発計画を明らかに!

Smart contact lenses

GoogleGoogle Glassで頭を抱えていると思っていたが大間違いだ!どうやら彼らはもっと遥か先のことを考えていたようだ。

Googleが「Smart Contact Lens(スマート・コンタクトレンズ)」の開発計画を明らかにしたようだ!血糖センサー無線機能を内蔵し、当初の用途は医療用として使われることを想定しているようだ。

涙に含まれるグルコースを監視、血糖レベルの変化を通知

なぜコンタクトレンズにセンサーを内蔵しようと思ったのか。

これは涙に含まれるグルコースを監視することによって、糖尿患者向けに血液検査より楽に血糖値を管理できる方法として期待されている。さらに、今後は着用している患者に自身の血糖レベルの急激な変化を警告するためにLEDを内蔵することも検討しているようだ。

驚くべきなのは、これはこれから開発する技術なのではない。既にGoogleは「Smart Contact Lens」の試作品を完成しているとのこと。まだ初期段階ではあるようだが、臨床実験は既に複数回実施していると伝えられている。

「Google Glass」は世界中で注目されているウェアラブルデバイスではあるが、いかんせんダサい。一般人が身につけたいとは到底思えないデザイン性の無さと言わざるを得ない。現在、開発途中ではあるが、「Smart Contact Lens(スマート・コンタクトレンズ)」は当初医療目的として提供されるものの、今後一般向けに普及する可能性は十分にある。スマートフォンなどの外部機器との連携も実現するかもしれない!

今後大いに注目、そして期待したい技術である!Google、すごいぞ!

(via Engadget Japanese