「iPhone SE」の「A9」チップ、「iPhone 6s/6s Plus」と同じ仕様

Iphone SE lineup

iPhone SE」は4インチディスプレイというコンパクトサイズでありながら、なかなかの高性能だ。

昨日、搭載されているRAMは2GBであることを伝えたが、本日、Matthew Panzarino氏が行った「Geekbench 3」のベンチマークスコアテスト結果によると、iPhone SE」に搭載されている「A9」チップの動作クロック数は1.85GHziPhone 6s/6s Plus」と同じ仕様であることが明らかになった!

ベンチマークスコアも変わらず!キビキビ動作に期待

Panzarino氏によると、「iPhone SE」のシングルコアスコアは2538」、マルチコアスコアは「4421」であることが判明。僕の手元にある「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」で行った「Geekbench 3」のベンチマークテスト結果とほとんど変わらない結果となっている。

実際に使ってみないと分からないが、より小さい画面で同じCPUのパフォーマンスが得られるということは、場合によっては「iPhone 6s/6s Plus」よりもキビキビ動画するように感じられる可能性がある。これには大いに期待したいところ。

Apple公式サイトで「iPhone SE」をチェック!
もっと読むiPhone SEまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読