「iPhone X」、「Face ID」でロック解除するまで通知内容は非表示に

Face ID Notifications

机の上に置いてあったiPhoneにLINEの通知が表示され、周りに隠していた彼女の存在がバレた、という人はこの世に1人ぐらいいるかもしれない。このように、意図せず誰かに自分のiPhoneに届いた通知を見られるのは、可能であれば防ぎたい。

iPhone X」にはこれを防ぐ機能が備わっている。WIREDによる先行レビューによると、「iPhone X」は「Face ID」により、ユーザーが顔認証するまでロック画面に表示されている通知内容はデフォルトで非表示になる仕様であることが明らかになった。

通知内容が表示されない設定がデフォルトに

この機能は何も「iPhone X」専用のものではない。「iOS 11」で追加された、通知プレビューを画面ロックが解除されている時のみ表示する機能を利用し、それを「Face ID」と組み合わせた結果だ。

この仕様を理解するためには「Face ID」の挙動を把握する必要がある。

「Touch ID」では、指をホームボタンに触れると認証され、ロック画面が解除される仕様だった。便利である反面、ロック画面の通知を見ることなく、ホーム画面が表示されてしまうことを不便に感じていた人も一定数いるのではないだろうか。

「Face ID」では、顔を認証してもロック画面(カバーシート)のまま。画面上部にある南京錠のアイコンが解錠されるが、ホーム画面を見るためには画面をスワイプアップする必要がある。

そのため、「iPhone X」では「Face ID」で顔認証した瞬間に、それまでロック画面上で非表示だった通知内容が表示される仕様になる、ということ。「iPhone 8/8 Plus」以前ではオプションとして用意されているが、「iPhone X」ではデフォルトで有効化されている

設定変更は下記記事を参考にどうぞ!

もっと読むiPhone Xまとめ