「iPhone X」のディスプレイ対ボディ比率は82%!でも「iPhone 8 Plus」の方が画面エリアは広い

Iphone x all screen

iPhone X」は5.8インチディスプレイを搭載しているが、5.5インチディスプレイを搭載している「iPhone 8 Plus」よりも筐体は小さい。どちらかというと「iPhone 8」に近いサイズだ。

これは「iPhone X」がホームボタンを含む上下のベゼルをすべて排除した結果。KGI証券のMing-Chi Kuo氏は本体に対するディスプレイの比率が最も高いスマートフォンになると説明していたが、実際はどうなのだろうか。

phoneArenaの計算によると、iPhone X」のディスプレイ対ボディ比率(画面対筐体比率)は82%であることが判明した!

「iPhone 8」は65.7%、「iPhone 8 Plus」は68.2%

対する「iPhone 8」は65.7%、「iPhone 8 Plus」は68.2%となっていて、「iPhone X」の方が画面が筐体に対して占める割合が圧倒的に高いことが分かる。

iPhone X iPhone 8 iPhone 8 Plus
アスペクト比 2.17:1 16:9 16:9
ディスプレイサイズ 5.85インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1125 x 2436 ピクセル 750 x 1334 ピクセル 1080 x 1920 ピクセル
画面エリア 296,724 ポイント 250,125 ポイント 304,704 ポイント
比率 82% 65.7% 68.2%
ピクセル密度 458 ppi 326 ppi 401 ppi

ただ、上記表を見ていると1つ気になることがある。画面エリアを比較すると、「iPhone X」は296,724ポイント、「iPhone 8 Plus」は304,704 ポイント。5.8インチが5.5インチより画面小さいとは一体どういうことか。

画面エリアは「iPhone X < iPhone 8 Plus」

そもそもこの「5.5インチ」や「5.8インチ」はディスプレイの対角線の長さ。

iPhone X 登場

先ほどの表に書いたアスペクト比を見ると、「iPhone X」は2.17:1、「iPhone 8 Plus」は16:9(≒ 1.78:1)となっている。つまり、「iPhone X」の方がディスプレイが縦長かつ左右に”耳”がある分、ディスプレイサイズが大きく表記される。

Iphone x display overlay 2

PaintCodeの図面をもとにphoneArenaが計算した結果、「iPhone 8 Plus」の方が画面エリアが「iPhone X」よりも2.6%大きいということになる。

たかが2.6%、されど2.6%。よって、「1番大きいディスプレイを搭載しているiPhoneを頼む」という要望に対して、「iPhone 8 Plus」が提示される可能性があるので、注意を!

逆に考えると、「iPhone 8」に近い筐体でありながら「iPhone 8 Plus」と変わらない画面サイズということは凄いことだ。やはり僕は「iPhone X」を待った方が良いと思う

もっと読むiPhone Xまとめ