「iPhone X」に最適化されていないアプリは上下に黒い帯が表示される仕様に

Iphone x ios11 not compatible apps

iPhone X」の解像度は2,436 x 1,125となり、アスペクト比も従来の16:9から2.17:1に変わった。要は今までよりもディスプレイが縦長になったのだ。

iPhone X iPhone 8 iPhone 8 Plus
アスペクト比 2.17:1 16:9 16:9
ディスプレイサイズ 5.85インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1125 x 2436 ピクセル 750 x 1334 ピクセル 1080 x 1920 ピクセル

デベロッパーJames Thomson氏によると、iOS 11」に最適化されていないアプリを「iPhone X」で動作させた場合、上下に黒い帯が表示され、俗に言うレターボックス表示になることが明らかになった。

16:9でレターボックスされ、上下に黒い帯を表示

Thomson氏いわく、最適化されていないアプリは16:9でレターボックス表示され、下記スクリーンショットのように上下に黒い帯が表示されるとのこと。また、四隅はわずかに丸みを帯びるそうだ。

Letterbox IMage for non optimized apps

黒い帯なので目立たないと言えば目立たないが、せっかくの大きいディスプレイを十分に活かすことができていない。

Appleも早速開発者向けに「Creating apps for iPhone X」を公開し、「Human Interface Guidelines」を公開済み。すべて英語だが、解説動画も公開(SafariまたはWWDCアプリのみで視聴可能)されているので、参考にどうぞ!

(via 気になる、記になる…

あわせて読みたい