LINE、車とClovaを連携させる「Clova Auto」を発表ーー音声でLINE送受信や無料音声通話が可能に

ClovaAutoImage

LINEは6月28日、「LINE CONFERENCE 2018」にて、2018年冬から発売予定の「Smart Device Link」に対応したトヨタ自動車の新型車から順次、LINEのAIアシスタント「Clova」が利用可能になることを発表した。

「Clova」が車の空間で利用できる新サービス

「Clova Auto」は、車載機と「Clova」を連携し、「Clova」が車の空間で利用できるサービス。「Clova Auto」によってドライブ中でも音声操作を利用し、LINEの各種機能を安全に利用することができる。

運転中に「Clova」が利用可能となることによって、運転をしながら家の電気を消す、目的地の天気を調べる、LINEメッセージの受送信、LINEの無料音声通話、LINE MUSICで音楽を聴くといったことが音声操作で可能に

車載ディスプレイ、ハンドルの音声認識ボタンとも連携するため、運転に集中することができる。車を停止し、スマートフォンを見て操作する必要がなくなることを目指す。

また、LINEはトヨタの車に対して車に乗り込む前、乗り込んだ後の双方をサポート。

6月26日に発売した新型クラウン、新型カローラスポーツ、プリウスPHVで採用された「LINEマイカーアカウント」を利用することによって、車に乗り込む前からもLINEを介してナビの目的地設定やガソリンの残量確認等も可能になっているとのこと。