LINEのスマートスピーカー「WAVE」、今夏に先行発売へ!価格は15,000円、LINE MUSICと連携

Smart Speaker WAVE supported by Clova from LINE

LINEは6月15日、「LINE CONFERENCE 2017」にてクラウドAIプラットフォーム「Clova」に関する新たな発表を実施した。

「Clova」は今年3月に発表。搭載アプリ「Clova App」、スマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」、スマートディスプレイ「FACE(フェース)」を発表することを明らかにしていた。

今回の発表では「Clova」搭載スマートスピーカー「WAVE」が今秋、販売価格15,000円で発売開始することが明らかになった。正式販売に先立ち、音楽機能に絞った先行版を今夏に10,000円で発売する計画も発表。正式版販売開始と同時に機能はアップデートされるとのこと。

リビングやダイニング、ベッドルームなど自宅での使用を想定

初の「Clova」搭載デバイスとなる「WAVE」はリビングやダイニング、ベッドルームなど自宅での使用を想定し、設計されたスマートスピーカー。カレンダーやリマインダー機能に加え、音声操作を通じてニュースや天気情報も教えてもらうことが可能。

赤外線コントローラに対応する家電のオン・オフ操作もでき、LINEのトークメッセージも操作できるという。

スマートスピーカーと呼ぶ以上、音楽機能は避けて通れない。「WAVE」は音楽配信サービス「LINE MUSIC」が提供する約4,000万曲の楽曲を視聴可能。楽曲名やアーティスト名で聴きたい曲を指定することはもちろんのこと、その時の雰囲気やユーザーの気分に合った曲を「WAVE」に推薦してもらう機能も備わっている。

「Clova」搭載デバイスは「WAVE」以外にも以前発表されたスマートディスプレイ「FACE」やキャラクターをモチーフとした「Clova」搭載スマートスピーカー「CHAMP」なども用意されている。

Smart Speaker WAVE supported by Clova from LINE

Smart Speaker WAVE supported by Clova from LINE

今年はスマートスピーカーが次々と登場している。「Amazon Echo」は年内に日本上陸すると噂され、「Google Home」も年内までに日本で発売されると発表されている。

Appleも「HomePod」をついに発表。日本国内でいつ頃取り扱いが開始されるかは不明だが、いずれ上陸するはず。

一般的にはリビングルームで家族とくつろぐという文化が薄れつつある気がしてならない日本だが、スマートスピーカーの登場によって家族がリビングルームに再度集まるきっかけになるのだろうか。「WAVE」を筆頭にスマートスピーカーが今後浸透するのか、注目だ。

Apple新学期を始めようキャンペーン