16インチのM1 Max MacBook Pro、ハイパワーモードに対応

一時的にパフォーマンスをブーストする機能が利用できるのは16インチモデルのみ

Unleashed AppleSiliconMac Event 2089

M1 Maxチップを内蔵した16インチMacBook Proは、ハイパワーモードに対応する。ハイパワーモードは、macOS Montereyのベータ版から発見された、一時的にパフォーマンスを引き上げる機能だ。

Appleによると、M1 Maxチップを内蔵した16インチMacBook Proのみ利用できるという。14インチと16インチのM1 Pro MacBook Pro、14インチのM1 Max MacBook Proは利用できないという。

サイズ チップ ハイパワーモード対応
14インチ M1 Pro ×
M1 Max ×
16インチ M1 Pro ×
M1 Max

16インチM1 Max MacBook Proが重いのは、独自冷却構造が原因か

16インチMacBook Proは、M1 MaxモデルのほうがM1 Proモデルより100g重い。14インチモデルはチップによる本体重量の違いはない。ハイパワーモードの動作を想定した、独自の冷却構造が追加されている可能性がある。

M1 Pro/Max MacBook Proは、2基のファンを含む改良された冷却構造を採用。Appleは「通常の使用では駆動しない」と説明しているが、ハイパワーモード有効時はファン音が大きくなることを示唆する記述がベータ版から発見されている。

Geekbenchのベンチマークスコアによると、M1 Max MacBook ProのGPU性能(Metal)は、M1 MacBook Proの3倍以上CPU性能は55%増と確認されている。


(Source: MacRumors

公開情報
更新日2021年10月22日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:614639)
    コメント先:シュウ(コメントID:614638)
    同じ構成で14インチは96W、16インチは140Wと電源アダプタに違いがあることが気になっていましたが、そういうことだったのですね!

    実際にどういう理由かはわからないですが、僕は出力の差はハイパワーモードではなく急速充電用だと認識していました!

  2. シュウ(コメントID:614638)

    同じ構成で14インチは96W、16インチは140Wと電源アダプタに違いがあることが気になっていましたが、そういうことだったのですね!

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索