「Motorola Atrix」は繋げるとPCとしても使えるデュアルコアスマホ

Motorola Atrix 4G
【img via New Gadget Type

Galaxy Sが高スペックでチヤホヤされる時代は終わった。

アメリカで2月下旬に発売予定のこの端末は、スマートフォン初のデュアルコア搭載端末。さっぱりわからない方は、とりあえず端末が2人分の脳を搭載しているので、2人分働ける、と考えてもらえればいいだろう。

RAMは1GB、ストレージは16GB!指紋センサーも搭載

搭載しているチップは前々から話題になっていたいNVIDIA Tegra 2最近の噂によるとどうやら1080pのビデオ撮影に対応する可能性もあるようだ。現状iPhone 4含む最新の端末は720pが限界なので、より高精度な映像を撮ることが出来るかもしれない。

それ以外にも4インチのqHDディスプレイ1GBのメモリ、標準で16GBで、microSDカードを使えば最大48GBまで拡大出来るストレージ、そして、日本の富士通端末にはお馴染みの指紋認証が搭載されているらしい。僕の経験上、指紋認証なんて結局使わなくなると思うのだが、とりあえず、いかに高性能・高機能な端末かが分かってもらえただろう。

Motorla Atrixがすごいのは高スペックであることだけではない。この高スペックを利用して、ノートパソコンを動かすことが出来るのである。実際にその凄さを宣伝しているCMがあったので、載せておく。

このノートパソコンはMotorla Atrixが刺さるDockを搭載した、Motorla指定のパソコンでないと動作しないようだ。普段はモバイル端末として使い、より大きな画面で同時に多くのタスクをこなしたい人はこのノートパソコンに繋げて作業をする、という使い方をするのだろうか。ちなみにノートはMacBook Airと同様の11インチらしく、解像度が不明なので作業環境として快適かどうかは分からないが、仮に同じぐらいであればかなり便利かもしれない。

とうとうPCと変り無いぐらいハイスペックになったスマートフォンは、逆にそれを利用してPCとしても使えるようになった。夏に発表されるであろうiPhone 5もマルチコアという噂なので、ますます楽しみになってきた!

もっと読むモバイルまとめ