ドコモ、声をSMSで届けるサービス「声の宅配便」を4月22日から提供開始予定

声の宅配便

ドコモが声をSMSで届けるサービス「声の宅配便」を発表した。音声プランを契約しているスマートフォンを含む全てのFOMA端末が対象となっていて、提供開始は4月22日からの予定。サービスそのものの使用料は無料だが、メッセージの録音と再生には通話料が発生する。

▽利用イメージは以下の通り。
声の宅配便, 利用
【img via ドコモ

 メッセージを送るときには、相手の携帯電話番号の前に「*2020」を付けて発信。センターにつながると、1件につき最大15分までの音声メッセージを録音できる。メッセージは500件まで、録音された時点から720時間の保存が可能となっている。NTTドコモは、スマートフォン向けに「声の宅配便アプリ」を4月下旬にリリースする。

via Markezine

電話だと受ける側が出られないと成り立たないが、このサービスがあればメッセージを残しておけば受け取る側も自分の都合の良い時に聞くことが出来るのが便利そうだ。留守番電話サービスを契約していない人も多いと思うので、ちょっとしたメッセージを肉声で残すことの出来るのは使いどころがありそうだね。

(via Markezine
(via ドコモ

もっと読むモバイルまとめ
あわせて読みたい