povo、Apple Watchのウォッチナンバー対応を発表 auからの移行であれば継続可能

iPhoneと番号を共有するナンバーシェアは非対応だが、単体で番号を持つウォッチナンバーは対応

Christine sandu mG1jb78EG64 unsplash

auの新料金プラン「povo」は、ウォッチナンバーに対応する。公式Twitterアカウントによると、「auからpovoに移行された場合は、引き続きご利用いただけます」と説明している。

Apple Watchのセルラーモデル単体の電話番号は契約可能

ウォッチナンバー対応によりauからpovoに移行後、Apple Watchのセルラーモデル単体の電話番号を所有できるが、iPhoneと同じ電話番号を共有する「ナンバーシェア」は非対応だ。povoへの移行前、ナンバーシェアは解約手続きが必要であると、公式サイトに案内されている。

またウォッチナンバーを利用する場合、ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)を契約する必要がある。ナンバーシェアからの移行キャンペーンにより、月額料金は12カ月間、1,630円割引が適用され月額350円(〜1GB)まで利用可能だ。

関連情報
タグ#au
/
#povo
更新日2021年03月16日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索