Apple、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長

「バチバチ」などの異音の発生、アクティブノイズキャンセリングが正常に動作しないなどの不具合

Shawnn tan 3filSvH7dYM unsplash

Appleは、AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長した。従来は対象となるAirPods Proに対し、最初の小売販売日から2年間適用されるものだったが、現在は3年間になっている。

AirPods Proの修理プログラムは、2020年10月に発表。2020年10月より前に製造されたモデルが対象となっており、見られる不具合は以下のとおり。

  • AirPods Pro から異音(「パチパチ」という音など)がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音(街頭や飛行機の騒音など) が大きくなるなど。

実機検査で上記の問題が確認された場合、AirPods Pro本体(左右のいずれか、または両方)が交換される。なお充電ケースはプログラムの対象に含まれない。

(Source: 9to5Mac

公開情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:613712)

    左右共に修理プログラム開始前に保証期間内で1回、開始後に1回交換しました。

    修理プログラム開始前は人の耳で判断なので故障の申し出に関して軽く一悶着ありましたが(しかも左右個別なので2回)、開始後は例の診断機器のお陰か瞬時に交換と判断されてスムーズに対応してもらえたのを覚えてます。左側の不具合で相談したのに右側も変えてくれました。

  2. ヤス(コメントID:613692)

    同症状で半年前に左側、先週右側交換してもらいました。いずれも電話サポートの翌日には代替品が届き、不具合品と玄関先で交換するサービスを利用しました。iPhoneでも使ったことがありますが、相変わらず迅速で便利なサービスですよね。

「AirPods」新着記事
トレンド検索