紛失した「AirPods」探知アプリ「Finder for AirPods」、リリース

Finder for AirPods

追記】2017年1月7日、アプリがAppleから取り下げられたことが判明。理由としては「Appleがコンセプトが気に入らなかった」と報告している

紛失した「AirPods」探知アプリ「Finder for Airpods」が登場した。価格は480円。Bluetoothの強度を利用し、紛失した「AirPods」の位置を特定する仕組みになっている。



使い方はシンプル。アプリを起動し、紛失したイヤピースを選択。手元にあるイヤピースを充電ケースの中にいれて消すを閉じ、アプリに従って周囲を探す。近ければ近いほどインジケーターが反応するようになっている。



なお、両耳紛失した場合でも利用可能。その場合は充電ケースに入れるイヤピースがないので、ケースは開けたままにして探す。

紛失する心配がある人はチェックしてみるべし!


Apple公式サイトで「AirPods」をチェック!

(via AAPL Ch.

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!