【レビュー】ooh noo Toy Pram:インテリアとしても美しい木製手押し車

自宅の景観を損ないたくないパパママにとって素晴らしい玩具だが、子どもが気に入ってくれるかは……

Ooh noo Wheelbarrow review 05

娘たちは手押し車が好きだ。スーパーに行けばカートを押したがり、外に行けばベビーカーを押したがる。自宅でも、牛乳パックで工作した椅子をあっちらこっちら手押ししている。

次女が近々2歳の誕生日を迎えることで、ooh nooの手押し車「Toy Pramを購入した。組み立ては必要だが、同梱されている六角レンチとネジを使って取っ手や車輪を取り付けるだけで終わる。1人でも簡単にできる。
Ooh noo Building the Wheelbarrow 01

次女のために買ったが、むしろ喜んだのは4歳になった長女だった。
Ooh noo Wheelbarrow review 02

手押し車の内側は比較的広い空間になっており、お気に入りのぬいぐるみや玩具を入れて持ち運ぶことができる。
Ooh noo Wheelbarrow review 03

ぬいぐるみ達も心地よさそうだ。多分。
Ooh noo Wheelbarrow review 06

Toy Pramを押してみたところ、タイヤ部分に薄くゴムが貼られていることでフローリングをグリップし、左右への方向転換にある程度の力が必要になる。長女は操作できるが、次女にとってはまだ難しかったようだ。

誕生日ということで奮発して良いモノを選んだつもりだが、残念ながら娘たちは3COINSで購入したドールバギーのほうが圧倒的に人気。いずれかは使う頻度が上がると期待しているが、現在は使っていないぬいぐるみを収納する場所になっている。

幸いにも木製かつクリームカラーの外観は、自宅内の景観を損なわずに済む。いやしかしもうちょっと遊んでくれよな……高いんだから……。

ギャラリー
特集
関連情報
更新日2021年07月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「子育て・育児ガジェット」新着記事
トレンド検索