「Galaxy A80」のスライド+回転式カメラが完全なる変態仕様

Galaxy A80 Amazin Specs

「変態仕様」は完全に褒め言葉。ギーク魂が震えるぜ!

Samsung発表した最新スマートフォン「Galaxy A80」には外向きカメラが内向きカメラになる。一体どういうことかと言うと、カメラを内蔵した部分が上方向にスライドし、外向きだったはずのトリプルレンズカメラが回転し、前向きに切り替わるという仕組みになっているのだ!

フロントカメラ非搭載により、完全なベゼルレスを実現

内向きカメラは外向きカメラに比べて仕様が劣っていることも多いが、この仕組みであれば外向きカメラのカメラを使って内向きカメラとして使うことができる。

Galaxy A80 Camera

さらに内向きカメラをディスプレイ面に置く必要がないため、ディスプレイの完全ベゼルレス化にも貢献。実際、「Galaxy A80」を見るとノッチもパンチホールもない、美しい「Infinity Display」になっている。

Galaxy A80 Display

トリプルレンズカメラには3D深度レンズ、4,800万画素/f2.0のメインレンズ、800万画素/f2.2の超広角レンズ(123度)から成り立っている。ディスプレイは6.7インチの有機EL(1,080×2,400)、バッテリーは3,700mAh、生体認証は画面内蔵型指紋認証に対応している。

Con a80 07

価格は649ユーロとなっていて、発売は5月29日以降。