嵐山の祇王寺(ぎおうじ)で美しい苔を眺めて心を癒やしてきた

Kyoto Arashiyama Gioji 10

Apple 京都」のグランドオープンを見学するだけで帰宅するのは勿体無いと思い、嵐山の祇王寺(ぎおうじ)で美しい苔を眺めて心を癒やしてきた。

実際は祇園寺にまで行くのにそれなりに歩く必要があり、限られた睡眠時間で重い荷物を背負いながら行動していたせいで身体はボロボロ。癒やしを求めるためにはあまりにも過酷だったが、いざ着いてみると人気がない落ち着いた空間に心地良さを感じた。

祇園寺とは、アクセス方法と料金

そもそも祇園寺とは一体どのような場所なのか。公式ページには下記のように説明されていた。

祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で、『平家物語』にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られております。

祇王寺は昔の往生院の境内にあり、往生院は法然上人の門弟良鎮によって創建されたと伝わっています。山上山下にわたって広い寺域を占めていた往生院も後年は荒廃し、ささやかな尼寺として残り、後に祇王寺と呼ばれるようになりました。

住所、拝観料、配管時間は下記の通り:

住所 〒616-8435 京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
地図
電話番号 075-861-3574
拝観料 大人300円
小人(小中高)100円
拝観時間 午前9時~午後5時(受付終了午後4時30分)
大覚寺・祇王寺(2カ寺)共通拝観券 600円
※大覚寺500円、祇王寺300円 計800円の通常拝観料が600円になり、お得。
※祇王寺~大覚寺までの所要時間は徒歩約25分。

アクセス方法は下記の通り。詳しくはこちらからどうぞ

電車の場合 JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅より徒歩20分 京都駅―(JR嵯峨野線 園部行)―嵯峨嵐山駅
京福電鉄 嵐山駅より徒歩20分 京都駅―(JR嵯峨野線 園部行)―嵯峨嵐山駅―(徒歩)―嵐電嵯峨駅―(京福電鉄嵐山本線)―嵐山駅
市バスの場合 四条河原町から 市営11番(山越中町行)乗車―(約50分)―嵯峨小学校前 下車 徒歩17分
四条大宮(阪急大宮駅)から 市営91番(大覚寺行)乗車―(約30分)―嵯峨釈迦堂前 下車 徒歩15分
阪急嵐山駅から 市営28番(大覚寺行)乗車―(約10分)―嵯峨釈迦堂前 下車 徒歩15分

光と暑さが程良く遮られた、自然が生み出した憩いの場

祇園寺は非常にこじんまりとしたお寺で、本気を出せばきっと5分程度で回ることができる広さだ。ただ、苔は見る角度によって見せる表情が変わり、写真を撮るのも様々なタイミングや条件でシャッターを切るだけで全く異なる瞬間を切り取ることができる。

日頃はガジェットばかりを撮影している僕だが、たまにはこのような自然を前にシャッターを切るのも悪くないなと思った。むしろ、撮っていて気持ち良いとさえも思った。マザーネイチャーの力は偉大だ。

以下、写真を載せておく。

Kyoto Arashiyama Gioji 02

Kyoto Arashiyama Gioji 01

Kyoto Arashiyama Gioji 03

Kyoto Arashiyama Gioji 05

Kyoto Arashiyama Gioji 06

Kyoto Arashiyama Gioji 07

Kyoto Arashiyama Gioji 08

Kyoto Arashiyama Gioji 09