Apple、Twitterの広告配信を「完全に再開」。最大の広告主に

Appleが広告配信を再開したことで、広告配信を停止した他の企業に対して強気で交渉可能に?

Twitter Icon App Image

Appleは、Twitterにおける広告配信を「完全に再開」した。Bloombergによると、イーロン・マスク氏が開催したTwitterスペースの中で明らかにしたという。広告配信の再開に伴い、AppleはTwitter最大の広告主になったと伝えている。

イーロン・マスク氏は、スティーブ・ジョブズ氏に認知されなかったことをきっかけの1つとして、Apple嫌いを公言。多数の広告主がTwitterから手を引く中、Appleを名指しで晒し上げ、「Appleは言論の自由が嫌い」「Appleは秘密の30%税を化している」などと大人気なく批判的な投稿を展開。

終いにはTwitter公式アプリをApp Storeから差し押さえると”脅迫”されたと騒ぎ立てたが、Appleのティム・クックCEOに本社へ招待されると、「TwitterがApp Storeから取り下げられる懸念に関する誤解を解消した」と手のひらを返した。

Appleはマスク氏の発言にコメントしていない。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索