Vine、公式アプリを「Vine Camera」アプリに移行ーー撮影、投稿専用に

Vine web and phone
Vineは公式ブログで1月にVine公式アプリを「Vine Camera」アプリとして移行することを発表した!同サービスは2016年10月28日に数ヶ月以内にサービス終了することを明らかにしていた。

新しいアプリでは引き続き6秒間のループ動画を作成でき、Twitterに投稿するかカメラロールに保存するかのいずれかを選ぶことができる。逆に言えばそれ以外の機能は利用できなくなり、事実上、撮影・投稿専用のアプリになる。タイムラインやフォロー・フォロワーなどの機能は廃止される。

となると、これまでVine内で築き上げてきたコミュニティは一体どうするのか。

今後数日以内にVineはフォロワーがVine投稿者のTwitterアカウントをフォローしやすくする仕組みを提供することを明らかにしている。

また、Vineに投稿した動画は公式アプリおよび公式サイトからダウンロードすることができるようになったことも併せて発表。下記の通り、一括ダウンロードするためのボタンが用意されている。

Vine Archive
投稿された動画は新アプリに移行後も残されるとのこと。既存の動画が1月以降削除されることは無さそうだ。

ところでVineサービス終了の発表を受け、LINEを初めとした数社が買収に名乗りを上げているという噂も報じられていたが、合意に至らなかったということなのだろうか。

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!