【速報】「iTunes Match」が日本でもサービス提供開始!利用料金は年間3,980円

iTunes Match、日本でも提供開始
iTunes以外から購入した音楽を「iTunes in the Cloud」で楽しむことができるサービスがついに日本でも使えるように!

本日より「iTunes Match」が日本でもサービス提供開始されていることが確認された!利用料金は年間3,980円

手元にある音楽ファイルをクラウドに保存!いつでもどこでも全ての音楽にアクセス!

そもそも「iTunes Match」が発表されたのは3年前の「WWDC 2011」。「MobileMe」から「iCloud」に移行し、初めて「Photo Stream」や「iTunes in the Cloud」が発表された時に、「One more thing」として紹介されたのが「iTunes Match」。

そもそも「iTunes Match」は何をしてくれるサービスなのか。少し長くなってしまうが、一言でいうと自分のiTunesの中に入っているiTunes Music Store以外で購入した楽曲をストア内にある膨大な曲数と照合し、DRMがない256kbpsのAACファイルをiCloud経由で同期することができるサービス。全然一言に収まっていないが、サービス概要としてはこれだ。

より具体的なマッチ方法についてはINTERNET Watchに書かれているが、ユーザーはiTunes内にある全ての音楽をサーバー上にアップロードすることによって、iTunes Music Storeで販売されている曲と販売されていない曲を判別。販売されているものはより手元にある音源よりも高音質であろう256kbpsの音源をダウンロードする権利が与えられる仕組みになっている。

気になる「iTunes Match」のサービス利用料金は年間3,980円。アメリカでは24.99(約2,556円)となっているため若干割高ではあるが、海外に比べて音楽の著作権に厳しい日本だからこそ超えなければならないハードルがあったのではないかと推測する。全ての音楽が高音質化することを考えれば年間4,000円は安いのではないだろうか。

iCloud上にアップロードできる曲の上限は2万5000曲。ただし、iTunes Storeで購入した曲ならびにiTunes Music Storeのライブラリでマッチングした曲は無制限

利用するためにはMac/PCに「iTunes 10.5.1」以降、iOSデバイスは「iOS 5.0.1」以降が必須。iOSデバイスから「iTunes Match」に登録する場合は場合は「iOS 7.1」以上が条件となっている。

(via Linkman

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー
  2. 「iOS 10.2 Beta 6 / Public Beta 6」、配信開始
  3. Twitter 、2016年の人気ツイートをまとめたランキング「2016年振り返りツイート」を公開!
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法