「Apple Watch」アプリ、6月1日以降の申請アプリはネイティブアプリであることが必須条件に

apple-watch-75-marketshare-strategy-analytics1.png
今後「Apple Watch」アプリを開発して申請しようと思っているデベロッパーの皆さん、要注目!

本日、Appleは2016年6月1日以降に申請される「Apple Watch」アプリは「watchOS 2 SDK」以降を利用したネイティブアプリであることが必須条件になる発表している

これでサードパーティ製の「Apple Watch」アプリの動作がキビキビすると期待したいところだが、ネイティブで開発されているであろうApple純正アプリの動作のもたつきを考えるとそれほど期待できないかもしれない。

今はお世辞にも盛り上がっているとは言い難い「Apple Watch」アプリ。ネイティブアプリを必須条件にし「Apple Watch」用アプリを充実させ、アプリプラットフォームとして活性化させる狙いもあるはず。

思惑通りになるかどうかはさておき、「Apple Watch」ユーザーとしては盛り上がることは歓迎したいところ。「WWDC 2016」でも何か発表されるのだろうか。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法