【CP+ 2016】「SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM」を触ってきた!

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
「CP+ 2016」で個人的に楽しみにしていたのは「SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM」。中望遠域をカバーするAPS-Cセンサー用の大口径ズームレンズとして設計され、背景のボケを生かしたポートレート撮影などに最適な85mm、105mm、135mm(35mm判換算)の単焦点レンズ3本分以上の焦点域をF1.8でカバーすることができる。

フィルターサイズは95cm、本体長さは170.07mm、重さは1,490g。最短撮影距離は95cm、最大撮影倍率は1:6.7。

以下、外観をまとめたので参考にどうぞ!気になる人は今週末までパシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2016」のSIGMAブースに足を運んでみるべし!

APS-Cセンサー用大口径ズームレンズ「SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM」

とにかく大きい「SIGMA Art 50-100mm F1.8 DC HSM」。僕の使い方が悪かったのかそういう展示の仕方になっていたのか分からないが、僕が試した時は実際に撮影することができなかった。ただ、とにかく物理的に大きいレンズなので、ポートレート撮影をするという人にはF1.8

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM
2016年4月22日に発売を予定。メーカー希望小売価格は155,000円、アマゾンでの販売価格129,600円となっている。


あわせて読みたい

サイト内を検索して記事を探す

CP-Plus-2016-97.jpg

gori.meの最新情報をチェック!!

この記事にコメントする

投稿内容を確認し、問題がなければ下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。