【CP+ 2016】Intelが出資したドローン会社「Yuneec」のドローンカメラが強そうだった

Yuneec ドローンカメラ

「CP+ 2016」を歩いていたらドローンを発見。CP+にもドローン会社が出展する時代なのか、と思いつつ、気になったので立ち寄ってみることに。

出展していたのは上海出身の「Yuneec(ユニーク)」。昨年9月にはIntelが6000万ドル以上の出資を行ったと報じられていたドローン会社だ。

ブースにいた担当者が日本語を話せず、英語で話したもののうまくコミュニケーションが取れなかったため紹介できる情報は全くないが、少なくとも日本市場参入に対する高い意欲は見せていた。以下、ブースの様子を写真で紹介しておく!

強そうなドローンが多数並ぶYuneecブース

こちらがYuneec社のブース。僕が見た限りでは他にドローンを展示しているブースはなく、ちらほらと立ち寄る人が見られた。
Yuneec ドローンカメラ

こちらがそのドローン。どう見ても強そう。
Yuneec ドローンカメラ

僕が見た時は残念ながら展示のみで、実際に動作している様子は見ることができなかった。
Yuneec ドローンカメラ

操作用のリモコンは超パワーアップした「Nintendo DS」のような形状だった。リモコンカーなどで遊んだことがある人は見ただけで少し心踊るかもしれない。
Yuneec ドローンカメラ

「全然使い方が分からないぜ!」
Yuneec ドローンカメラ

あわせて読みたい

「CP+ 2016」を彩る美人コンパニオン写真まとめ & 思いやりのある撮影マナーについて

カメラの祭典「CP+ 2016」でコンパニオンを撮ってる人を撮ってきた