【嘘のような本当の話】レゴブロック500,000個で作られた車、空気エンジン搭載で実際に車道を走行可能!

Lego car
これは小さい頃レゴで遊んでいたようなレゴ好きにはたまらないだろう!

レゴブロック500,000個で作られた車が話題になっていたので、紹介する!ただ車の形をするだけではなく、実際に人を載せて車道を走ることができるということだから驚きだ!

レゴ好きにはたまらない!時速24kmで走行可能!

小さいころ、レゴブロックで車やスペースシャトル、城や基地などを作っては遊んでいたが、まさかそのレゴブロックを使って実際に車道を走ることができるような車を作るとは相当ぶっ飛んでいる。

使われたレゴブロックの数は50,000個。空気エンジンを搭載しているため、時速約24kmで走行するそうだ。

実際に走行している様子は以下の動画からどうぞ!



レゴブロックで車が作れるとなると、次は一体何が生まれるのだろうか。自転車あたりならエンジンも不要なので意外と作れそうな気がするが…!

(via Mashable

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品