Apple、「OS X」の電池持ちを改善するエンジニアを募集

Mac setup
Macのバッテリー駆動時間が今後更に改善されるかもしれない!

Appleの「OS X」チームに所属するAnthony Chivetta氏がTwitter「OS X」の電池持ちを改善するエンジニアを公募していることが明らかになった。将来的には現行モデルよりもさらに長時間充電せずに使い続けることができるようになるのかもしれない!

純正アプリのバッテリー消費効率化も取り組む

現在、積極的な公募を掛けている分野は2種類。バッテリー駆動に関する情報を集計するための最新ツールをデザインする「Software Power Infrastructure Engineer」と、「OS X」とApple純正アプリケーションのバッテリー駆動時間を改善を目指す「Software Power Engineer」。いずれも今後リリースされる「OS X」の一端を担う重要なポストとなりそうだ!


Appleはここ最近Macのバッテリー駆動に関して取り組む姿勢を見せている。恐らく、「Haswell」プロセッサーを搭載した最大のメリットは電池持ちの改善であろう。先日GM版がリリースされた「OS X Mavericks」では電池を消耗しているアプリケーションがひと目で分かる機能に対応する。

既に噂されている「Mac OS X 10.10 Syrah」ではバッテリー周りの改善が見られるのだろうか!駆動時間は長ければ長いことに越したことはない!今後期待だ!

(via AppleInsider

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった