次期Mac OS Xのコードネームは「Syrah」であることを確認!スクリーンショットで明らかに!

Syrah Mac OS X 10.10

次期Mac OS Xのコードネームはワインの名前が付けられるらしい!

Apple内部の人のみがインストールできるOSの一覧を撮影したスクリーンショットが流出し、「OS X Mavericks」に続くMac OS Xのコードネームは「Syrah」であることが確認された!上記写真には最近配布された「OS X 10.8.5」とGM版がリリースされたOS X Mavericks」の上に「Syrah」の文字がハッキリと明記されている!

「Syrah」の読み方は「シラー」、ワインの一種を意味する

そもそも「Syrah」はどのように発音し、どういう意味を持つのだろうか。

Merriam-Webster Dictionaryによると、「Syrah」の読み方は「シラー」で、ぶどうの一種もしくはそのぶどうを利用したワインを指すようだ。

「Syrah」の開発は9月上旬から進められていた模様。次期Mac OS Xは「iOS 7」やiCloud.comのデザインを取り入れると言われているが、現時点では開発の初期段階にいるため明らかになっていない。

GM版のリリースしたタイミングで「OS X Mavericks」に関わっていたエンジニアの大部分が「Syrah」プロジェクトに移ったと言われているが、一部は残り「OS X 10.9.1」の準備も進めているそうだ。内容としてはバグフィックスと特定のユーザーからのiMessageやFaceTimeをブロックする機能と予想される。

(via 9To5Mac