「OS X Yosemite」に用意されている「Dark Mode」を無理やり有効にする方法

Os x yosemite dark mode 1
OS X Yosemite」ではインタフェースを黒基調にする「Dark Mode」と呼ばれる機能が用意されている。本日、「OS X Yosemite Developer Preview 2」がリリースされているが、多くのデベロッパーが楽しみにしているこのダークモードに切り替える機能は見当たらない。


デベロッパーHamza Sood(@hamzasood)さんがTerminalコマンドで「Dark Mode」を有効にする方法を発見したそうなので、そのやり方を紹介する!

Terminalに以下のコマンドをコピペでダークモードを有効に!

「Dark Mode」を有効にするためには以下のツイートに書かれているコマンドをTerminal内で入力して実行するだけ!


sudo defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleInterfaceTheme Dark

まだAppleがこのモードを正式に公開していないことから分かる通り、「Dark Mode」はまだ正常に動作していない模様。メニューバーの多くのアイコンは正しく表示されていないと報告されている。

元通りに戻したい場合は以下のコマンドを実行。「Dark」と書かれていた部分を「Light」にするだけだ。


sudo defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleInterfaceTheme Light

まだ未完成な「Dark Mode」ではあるが、試してみたい人は自己責任で上記コマンドを実行してみるべし!

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった